2010年9月13日月曜日

Bandcamp


Photobucket

ニューヨーク方面でやってる、デジタル音楽販売のASP、

Bandcamp。

iTunes の販売手数料が30パーセントなのに対して

販売手数料15パーセントでしかも入会無料でデジタル販売を

提供するASPサービス。ポータルサイトは無い。wavファイル

での販売とmp3ファイルでの販売をサポート。元talking heads

デビッドバーンからの推薦もありこの1年でえらい人気に

なった。ブロンクス界隈でのミュージシャンには当たり前。

ついこの間なぞは、試聴プレイヤーが、iPhone、iPad対応になり、

利用しているアーティストからの評価も一段と高くなった。

http://bandcamp.com/

ちなみに。今、Bandcampで熱いのは、スフィアン・スティーヴンス。

Sufjan Stevens。 http://sufjanstevens.bandcamp.com/

<a href="http://sufjanstevens.bandcamp.com/album/the-age-of-adz">The Age of Adz by Sufjan Stevens</a>

Photobucket


昨日だか、一昨日だか、Bandcampのニュースにて。Bandcampは

フリーダウンロードサービスに関して、アップしているバンドに

フリーダウンロードに対して課金することを突然発表しました。


Bandcampでは。先に説明しておくと。

★wavファイルで楽曲をアップロードして。wavファイルとmp3

ファイルの販売。

★しかも。フツーに販売すること以外に、お客さんが寄付感覚で

勝手に値づけできる設定とかの特徴があり枡

★また、それ以外にフリーダウンロードでの販売設定やら、

メールアドレス入力必須のフリーダウンロード設定が可能。

というサービスなんだけれども。

Bandcamp的には、楽曲の販売促進を目的にフリーダウンロードを

組み合わせられるようにしてたんだけれども。ここに来て、

フリーダウンロードだけを目的に楽曲をアップしているケースが

増えて、さらに。ますます増えっぱなし状況らしく、それだと

低料率な手数料のサービスで奉仕している Bandcamp へのインカム

が増えないし、サーバを逼迫してるだけって判断で。課金やむなし

という発表になった様子。そうダウンロードの利用者へではなく、

楽曲をデリバリする権利者に。300ダウンロードで、9ドルの負担。



そこでフリーで楽曲をバラ撒きたいひとがどうなるのか?

すでに。ヨーロッパのDJ界隈に人気の音楽サイト、サウンドクラウド

への引越しがはじまってる。単なるバラ撒きの場合。

他に。メルアドと交換で楽曲配布をするのが目的のひとは、ファン

ブリッジや、トップスピン。ひょっとしたらリバーブネーションへ。



というわけで。Bandcampは、そもそもの。「セルサービスをセルフで」

が基本で、フリーダウンロードはオプションという当初のポジショニングに

姿を戻し始めたんではなかろうか。


Photobucket
コメントを投稿