2010年12月30日木曜日

Best Newmusic 2010




今年、よく聞いた曲をまとめてみた。2010年もドリームポップなものを
(コクトーツシンズに影響を受けてるタイプの楽曲)性懲りもなくたく
さん聞いてたのですが。2010年のニューミュージックで注目された楽曲は
それまでよりもさらにベッドルーム系のドリームポップ楽曲が多かったような
気がします。

(自分流の)その聞き方と言うと。ソーシャル音楽ネット経由で自分で
一生懸命探すというよりもむしろ、ニューミュージック(中島みゆきとか
松山千春とはちゃいますよ)を熱心に探してる、フェイスブックの友人からの
お薦めでした。

とくにメキシコ人オススメの中南米インディーポップをたくさん聞かせて
もらいました。10年くらい前は、その界隈の音楽は、中南米→スペイン→
ヨーロッパ→日本という構図で流れてたと思うのですが、ここ数年、
中南米→米ブルックリン→アメリカ→日本みたいな流通が新たに出てきて
それをさらにショートカットした、今年の「中南米ダイレクト」という愉しみ方が
新鮮でした。なんちゅうかこれもインターネットのおかげですね。

その一方で。2010年のニューミュージックシーンは。新曲が必ずしも
「新しい曲」ではなくて、カバーだったり、リミックスだったり。「自分流」の
サウンドが注目されるケースも多かったようです。蜂鳥のホールアンドオーツ
やら、米のトロイモア、スペインのデロリーンとかね。これって。現象的には、
ソーシャルネットの有り様、例えば「いいネ!」とか「共有する」って感じに
近くて、そういう文脈で面白かったです。

あとは。イニシャルが「A」で始まる、暗いムードのシンガーソングライターに
嵌った傾向があったのと。Agnes Obel, Angus and Julia Stone, Anni Rossi,
Annie Lennox 等。ほんでから。あんまし、というか全然話題にもならなかった
けど。ニューヨークのインディーポップ「Color of Clouds」がちょうどいい感じ
だったのでわりかし頻繁に聞かせていただきました。Color of Clouds - Brother

Photobucket

2010年12月5日日曜日

2010川崎多摩川国際マラソンの黒


2010川崎多摩川国際マラソン

今年の川崎多摩川国際マラソンはエイペック開催の為、従来の11月から12月に
スケジュールが変更され開催されたけど。今回も前年同様。天候に恵まれ、気温も
20度近くまで上がり、正直なところ、暑かった。早起きして出かけてきたわけだが。
毎年参加してると年を重ねるごとにブログに特に書きたいことも減ってきてるような
気がする。

例年のいつもどおりの女性インストラクターが登場してエアロビクスで軽く
ウォーミングアップ。そして。よくわからないキャラクターのマスコット着ぐるみが
トラック周辺にいたけど、結局なにがなになのかよくわからないままだった。中に
入ってるひとは暑くて苦しかったんだろう。ご苦労さまでした。

そう言えば、今年はドラエモンのソーラーカーが欠席してた。折角のええ天気だった
のにネ。残念。

あと、目だったことと言えば。キレイにお化粧してる女性ランナーが多かったこと
だろうか。ランナーがややファッショナブルな方向になってきてるような印象をもち
ました。とは言ってもゴール付近ではお化粧がすっかりズルズルなことになってたの
かもしれませんが・・・。

2010川崎多摩川国際マラソン

最後に。毎年、参加賞で全員に行き渡る「こんなもんは着れないだろう」というシャツ
で有名な川崎多摩川国際マラソンなんだけど。今年のシャツは昨年のライトブルーから
一転、ブラック地のシャツになっててビックリ。「多摩川にアユ遡上」というモチーフ。
昨年のシャツも捨てずにどっかにあるとは思うんだけど結局着ることもなく。今年の中途
半端な2色刷りシャツも又、同じくずーっとお眠りになるそうだ。
 
 

■今日のヘビーローテンション、パリのヘンなポップバンド、hold you horses!
(慌てないで、 ちょっと待って) ★有名絵画のオンパレード。

70 Million by Hold Your Horses ! from L'Ogre on Vimeo.


Photobucket