2010年11月16日火曜日

矢口博康、福原まり、戸田誠司


矢口博康、福原まり、戸田誠司。このキャスティングで青山でライブをやったのが
昨年の7月のことでした。時間がたつのも早いですね。幾分唐突ですが。ライブ情報が
まとまってやってきたのでまとめて書き出しておきます。

【ライブ・リリース情報】矢口博康、福原まり、戸田誠司

GASTRONOMICS

【矢口博康】元リアルフィッシュのバンマス
----------------------------------------------------
GASTRONOMICS レコ発ライブ ~タングラム~
http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html

ガストロノミックス (GASTRONOMICS)
 矢口博康(Sax Guitar)
 Darie(Piano Accordion)
 川口義之(Sax Ukulele etc.)

ゲストバンド・PANORAMA
 鈴木広志(Sax Flute)
 神田智子(Vocal)
 江川良子(Sax)
 田中庸介(Guitar)

2011年1月19日(水曜日) 南青山MANDALA
開場 18:30
開演 19:30 (予定)
チケット料金(1ドリンク付き) 4000円
お問い合わせ先: 南青山MANDALA 03-5474-0411
〒107-0062 東京都港区南青山3-2-2 MRビル
★なお、ライブ当日、アルバムCD購入特典として
 スペシャルドリンクを進呈します。
http://yamamiya.wordpress.com/2010/11/08/gastronomics/






【福原まり】エレガントなピアニスト
----------------------------------------------------
福原まり・映像コラボレーションライブ
http://blog.livedoor.jp/marif1/

[ONCE, TWICE... ] 演奏:福原まり 映像:米田春香
2010年12月3日(金曜日)西麻布cafeDAYS
開場 18:30
1部 Start 19:30
2部 Start 21:00
チケット料金 4000円 (with 1drink & Foods)
場所 : 西麻布cafeDAYS
http://www.o-days.com/DAYS/Top.html




Photobucket


【戸田誠司】稀代のポップサウンドプロデューサー
----------------------------------------------------
人気電子書籍のサウンドトラック「ヌカカの結婚の音楽」、
「テロメアの帽子の音楽」を制作していた戸田誠司率いる電子音楽集団
アブストラクト・ポップユニット kappa (カッパ)がオリジナルEPをオトトイ
から本日16日の夕方あたりにリリース。
http://ototoy.jp/music/


「よろよろ feat. いとうせいこう」発売元:kappa (P)seji
【トラックリスト】
 01-よろよろでろでろ
 02-よろよろてふてふ
 03-でろでろ
 04-てふてふ
 作詞:いとうせいこう 作曲:kappa

【kappaプロフィール】
戸田誠司を中心とした「脱力系」の大きなバンド。機械と人力、
両方あり。コンセプトと感覚、両方あり。かなり感覚に偏重。
それぞれがミュージシャン、エンジニア、作編曲などで活躍しつつ、
時にkappaとして招集がかかり作品を作る。

■メンバー
戸田誠司:ギター/ベース/サックス/コンピューター
掛川陽介:ギター/ドラム/コンピューター
渡部高士:コンピューター/エンジニア
鈴木光人:コンピューター
タナカカツキ:グラフィック
千葉一裕:コンピューター
本澤尚之:コンピューター/エンジニア
松田正博:エンジニア
スギモトトモユキ:コンピューター
とくさしけんご:ピアノ/コンピューター
長野孝豊:コンピューター
綱島慶:ハンダゴテ

#同時発売(OTOTOY)
「ヌカカ」「テロメア」に続く、サウンドトラック「カルシノの贈り物」




■今日のヘビーローテンション級
Photobucket

川崎市中原区にある「格闘バー」という名前のバー。夜な夜な格闘好きが
集まってボコボコどつきあってるんだろうか? こわくて入れそうもない
けど。なんとも不思議な名前のバーですね。キックボクシングが好きな方、
どうでしょうか?

Photobucket

2010年11月5日金曜日

プレスリリースを出稿


ここのところプレスリリース配布の現状はどうなってるんだろう的な
こともあり、少し調べてみるついでに。かれこれ5年続けてるミュージック
アイランズ音楽ブログ
について思い切ってプレスリリースを昨日だしました。
(尖閣・体当たりものほどのインパクトもなく・・・)
そしたらば。さきほど確認してみたところ。ブログへのアクセスが
3日の統計よりもナント!およそ200名ほど増えました。

musicislands
http://music-islands.com/blog/

「CDが売れなくなった時代だからこそ。音源ファイルで音楽を楽しもう!
ミュージックアイランズ音楽mp3ブログはサービス仕様をさらに充実させました」
というタイトルで配布したプレスリリースでしたがミュージックアイランズ音楽
ブログ上にプレスリリースを書き出した訳ではなくてプレスリリースを配布して
いるホームページにカキコしました。

どんな内容かと言うと詳しくはこちらをご覧いただきたい。
「ポッドセーフな楽曲を日々発信している『mp3 music | music-islands.com mp3 blog』がiPhone/Androidの表示に最適化へ」
http://podcast-j.net/archives/2010/11/mp3-music-islands-com-blog-podsafe-podcast.php

自分で書いたリリースよりもコンパクトにまとめてくれています。と書くのは実に
恥ずかしいけど。そうなんだから仕方がない、と率直におもた。おそらくリリースが
載ったサイトよりも、この「ポッドキャストジャーナル」経由で訪問してくれた方が
200人くらいいらっしゃったのでしょう。ありがたいハナシです。感謝。

さて。「ポッドキャストジャーナル」で触れていたので改めて、ミュージックアイランズが
そもそもポッドキャストでスタートしていたことを思い出しました。
iTunes music store のポッドキャストコーナーにもちゃんとポッドキャスト登録して
あります。
http://itunes.apple.com/jp/podcast/mp3-music-music-islands-com/id105714590

ポッドキャスト仕様なんですけど。ラジオみたいな「しゃべくり」は一切ございません。
いきなり曲が流れ出します。そして曲の終わりとともにポッドキャストは終了します。
「それって曲だけやん」と思われるかもしれませんが、ズバリ、曲だけの配信です。
なので、「試聴曲をmp3で無料配布」だとも言えます。

musicislands

この「試聴曲をmp3で無料配布」ですがこれまでにいろいろアリ。たとえばフィードを
読み込んだブログパーツ(widget)経由で聞いて楽しんでくれるこことが増えた時期が
あり。その後、ソーシャルミュージックサイト経由が盛り上がった時期もありました。
昨年あたりはブリップ的と言いますか、ツイッターで「試聴曲をmp3で無料配布」
すると反応が良かったです。ここ最近では、フェイスブックでしょうか。ブログの
クローンが勝手に生成されて、というか、フェイスブックがブログを丸呑みして掲載
しているのでフェイスブックというプラットフォーム上で聞いてくれるひとが増えました。
(なんだか。フェイスブックが元気になってきたことで音楽レビューをしているブログ・
音楽mp3ブログがこの1~2年で復権してきたムードです)
いろいろありましたが、最近では海外の音楽mp3ブロガーとのつきあいも生まれ、ワールド
ワイドで注目されてるニューミュージックのトレンドを投稿することもあり、そういう
事情もあって、音楽mp3ブログと名乗るようにしています。

最後に。プレスリリースは来週にかけて他にも出る予定です。海外インディーズものを
紹介していってる音楽mp3ブログですが、新しい音楽(ニューミュージック)を探して
いるひとに届けばイイネ、と切に願っています。


■本日のヘビーローテンション Rene Hell - Slightly Eleven

Rene Hell "Slightly Eleven" from Megazord on Vimeo.



■約2ヶ月ぶりの投稿でした。

★後日談、(とは言うものの、11月6日のことですが)
11月6日に、一通のメールが届く。無料プレスリリース一括投稿Webサービス - ぷれりり
というサービスがあって使ってみませんか?という案内のメールだった。

プレスリリース・掲載サービス「ぷれりり・プレスリリース」
http://www.prerele.com/release/
プレスリリースを掲載するサービスもあるんだけど、どっちかと言うと、「一括投稿」に
惹かれてついついサブミットしてしまった。
http://www.prerele.com/
『ぷれりり』は、無料でプレスリリースを受け付けているサイトへ一括で申し込みが
できるWebサービスです。しかも!個人団体でも使えて、さらにTEL、住所データが
必要ではない「しきい」の低い、ありがたいサイトばかりを集めました。

海外インディーズものを紹介している音楽mp3ブログが、新しい音楽(ニューミュージック)を
探しているひとに届けばイイネ、と切に願っています。