2010年9月13日月曜日

Bandcamp


Photobucket

ニューヨーク方面でやってる、デジタル音楽販売のASP、

Bandcamp。

iTunes の販売手数料が30パーセントなのに対して

販売手数料15パーセントでしかも入会無料でデジタル販売を

提供するASPサービス。ポータルサイトは無い。wavファイル

での販売とmp3ファイルでの販売をサポート。元talking heads

デビッドバーンからの推薦もありこの1年でえらい人気に

なった。ブロンクス界隈でのミュージシャンには当たり前。

ついこの間なぞは、試聴プレイヤーが、iPhone、iPad対応になり、

利用しているアーティストからの評価も一段と高くなった。

http://bandcamp.com/

ちなみに。今、Bandcampで熱いのは、スフィアン・スティーヴンス。

Sufjan Stevens。 http://sufjanstevens.bandcamp.com/

<a href="http://sufjanstevens.bandcamp.com/album/the-age-of-adz">The Age of Adz by Sufjan Stevens</a>

Photobucket


昨日だか、一昨日だか、Bandcampのニュースにて。Bandcampは

フリーダウンロードサービスに関して、アップしているバンドに

フリーダウンロードに対して課金することを突然発表しました。


Bandcampでは。先に説明しておくと。

★wavファイルで楽曲をアップロードして。wavファイルとmp3

ファイルの販売。

★しかも。フツーに販売すること以外に、お客さんが寄付感覚で

勝手に値づけできる設定とかの特徴があり枡

★また、それ以外にフリーダウンロードでの販売設定やら、

メールアドレス入力必須のフリーダウンロード設定が可能。

というサービスなんだけれども。

Bandcamp的には、楽曲の販売促進を目的にフリーダウンロードを

組み合わせられるようにしてたんだけれども。ここに来て、

フリーダウンロードだけを目的に楽曲をアップしているケースが

増えて、さらに。ますます増えっぱなし状況らしく、それだと

低料率な手数料のサービスで奉仕している Bandcamp へのインカム

が増えないし、サーバを逼迫してるだけって判断で。課金やむなし

という発表になった様子。そうダウンロードの利用者へではなく、

楽曲をデリバリする権利者に。300ダウンロードで、9ドルの負担。



そこでフリーで楽曲をバラ撒きたいひとがどうなるのか?

すでに。ヨーロッパのDJ界隈に人気の音楽サイト、サウンドクラウド

への引越しがはじまってる。単なるバラ撒きの場合。

他に。メルアドと交換で楽曲配布をするのが目的のひとは、ファン

ブリッジや、トップスピン。ひょっとしたらリバーブネーションへ。



というわけで。Bandcampは、そもそもの。「セルサービスをセルフで」

が基本で、フリーダウンロードはオプションという当初のポジショニングに

姿を戻し始めたんではなかろうか。


Photobucket

2010年9月3日金曜日

川崎市民マラソン、受付終了


Photobucket

ブロガーに新しく加わったアクセス解析ツールを眺めてたら
このブログのなかの川崎市民マラソン記事へのアクセスが急に
増えてるみたいです。毎度のアクセスありがとうございます。

今年の川崎市民マラソンは11月開催ではなくてホノルルマラソンの
1週間まえの12月5日(日)。11月に神奈川でアセアンの会議がある
らしくその時期を避けたということみたい。いまさっき、大会エントリーの
ページをみたら既に「申し込みが定員に達して受付終了」と表示され
てた。去年もそうでしたが市民マラソン熱はケッコウ熱いことになっ
とるみたいです。

ヘボいランナーのボクとしてはボチボチ練習を再開させようかと
思うものの、こないに暑いと具合が悪いのでもう少し涼しくなる
までこのまましばらく待機中ということで。_orz

■今日のヘビーローテンション
Bronski Beat - Why


Photobucket